ロゴ

Uniqys Transaction Proxy

すべてのユーザーをDAppsにつなげる

クローズドβ利用申請受付中

ビジネスの拡大

TxProxyがユーザのトランザクションを代理で発行します。 トランザクション手数料のためのETHを保有していないユーザもDAppsを利用できるようになります。 利用のハードルを低減し、ユーザの拡大につながります。

簡単に利用可能

トランザクションを発行するアカウントはTxProxyによって管理されます。 デベロッパーは秘密鍵やETHの管理をする必要はありません。 また、提供されるクライアントライブラリを用いて容易にアプリケーションに組み込むことができます。

安全

ユーザは代理発行するトランザクションをそれぞれのウォレットを用いて署名します。 署名の検証はスマートコントラクトで行われ、安全性は通常のトランザクションと同じレベルで維持されます。 TxProxyを経由せずにトランザクションを発行することも可能です。

クローズドβで提供される機能

基本機能のほか、管理画面のプレビューを見ることができます

トランザクションの代理実行

  • テストネット(Ropsten)でのトランザクション代理発行機能

管理画面のプレビュー

  • ログイン
  • トランザクションのログ閲覧
  • トランザクション総数の確認
  • エンドポイントの確認
  • アクセストークンの取得

システム

システム概要

DApps

ユーザは本サービスを使いトランザクションを実行する場合、提供しているライブラリを用いて手元のWeb3対応ウォレットにより署名を行います。 この署名はEIP712に従っています。

署名を行ったトランザクションはデベロッパの用意するAPIサーバに送られます。

ユーザが手元で署名を行うため、DAppsの特徴である非中央集権性を維持することができます。

API Server

デベロッパはDAppsのフロントエンドと、APIサーバを用意します。 APIサーバは、ユーザ認証等を行った上で、署名済みトランザクションを受け入れ、本サービスの利用のためのアクセストークンをつけて本サービスのAPIサーバに転送します。

TxProxy

本サービスのAPIサーバは、デベロッパの認証を行った後、本サービスの保有するETHを用いてトランザクションを発行します。トランザクションにかかったGAS代は、料金プランに応じてデベロッパに請求されます。

Ethereum

本サービスを経由して発行されたトランザクションは、用意されたProxyコントラクトによって署名の検証がされた後に、デベロッパのDAppsコントラクトが呼び出されます。 新規のDAppsでは、本サービスに対応したコントラクトとすることで、トランザクション発行元としてユーザのウォレットアドレスを確認できます。 また、代理で呼び出しを行うコントラクトを用いて、既存のDAppsに対応することも可能です。

クローズドβ利用申請受付中

利用申請の確認後、登録していただいたメールアドレスにご連絡いたします。